xxx

xxx

あなたが好きだった 髪を切ったの 面倒くさがり屋のあたしが あなたの為にサラサラの長い髪 ホントは誰かと重ねて見てたの知ってたよ それでもよかった よかったんだよ 7月の空は高すぎて 見上げても届かないと思ったんだ 髪を切ったら 飛べる気がしたのに …

xxx

抱えきれないこの憎しみはどこに捨ててしまえばいい? 救うことのできないこの哀しみはどこに沈めればいい? こらえきれないこの怒りは どこにぶつければいい? だから君は笑うんだね 僕には 泣いてるようにしか見えないのに・・ 大丈夫・・ 君は掠れた声で…

xxx

あなたが笑えば あたしも幸せな気持ちになる ごめんね 泣いたのは困らせたかったんじゃない ただ あなたが優しかったから

xxx

すぐ隣りにいるのに 心はここにはいない 途切れ途切れの記憶を拾い集めても 君が愛しているのは 僕じゃない あの時抱きしめていたら 何か違っていたのかな まぁ冗談だと 笑い飛ばされるだけかもな いつも一緒にいたかった ただそれだけだった それだけだった…

xxx

あからさまにぶつけられる 容赦ない言葉の羅列

xxx

最後にくれた言葉は さよなら でも 嫌い でもなく 「 またね^^」 最高に残酷で でも らしくて 笑えた きっと どこかでもしも 偶然にすれ違ったとしても 目を細めて ただ懐かしそうに 微笑むだけなんだ 何気ない いつもの風景 隣にいるはずの人が いないな…

xxx

いつもの帰り道 見慣れた街角で ふいに耳に響いた 「忘れて・・・」

xxx

あきらめきれない ちっぽけな想いを 捨てる場所 空はいつもと同じで 綺麗な蒼なのに 何処にもない 見つけられない さあ どこに捨ててしまおう 歩いて歩いて どっかで見つけた 透明な 無骨な形の なんてことない空っぽの箱 ここに捨ててしまおうか 簡単に放り…

xxx

飲み込んでしまった たくさんの言葉 空を見上げて ちょっとため息 いつ 吐き出せばいいんろう 怒るわけでもなく 泣くわけでもなく 笑けてしまった 何気ないいつもの昼下り 訳もなく 笑いがこみ上げて 投げかけられた言葉 ストレスないでしょ えっと・・ ぶん…

xxx

頭の奥から離れない 甘く優しい嘘の声 愛してる 愛してる 愛してる・・・ 言葉を選びながら 毎日を過ごしてた 見上げた空は 気持ち悪いくらい青く深く 吸い込まれたら 消えてしまうんだって思ってた 魔法の言葉 あなたがくれた ずっと ずっと 一緒にいよう …

君の愛は 無償の愛 こんな辛いことや あんな泣きたいことも 君は いつも穏やかにきいてくれる でも 君はもっと 過酷な生き方をしてるはずなのに 君の愛は 無機質の愛 泣き叫んだあの夜に 感情をいれることなく ただ 現実を教えてくれた 君の愛は 無限の愛 あ…

遠い 遠い 空の向こう側に 僕の夢見た今は あるのだろうか つまんないことに躓いて 訳もなく独り言のように愚痴る また今日も 同じように繰り返されるこの会話も 日常のルーティンに組み込まれている

004

あなたがいなくても あたしはあたし

003

哀しい時には 苦笑い 泣きたい時には 作り笑い 君は いつも 強がって 弱いとこ見せたくなくて 下がった目尻を 無理に尖らせている 抱きしめても振り払うことは わかっているから わざと 笑ってわかんない振り 君が無理に笑うほど 泣きたくなるほど 哀しくな…

002

心はすれ違っても 見上げた空は きっと同じイロ

001

傷ついた心の奥に もう誰も入り込むことはできない この気持は 僕だけのもの 君のことを思う気持ちも 届かないと ちゃんとわかってることも そして 君の思いも 憂鬱な空の色 見上げても モノクロの世界 彩を映す 君の声は もう聞こえない 遠くから 近くから …

xxx

練習中です