xxx

xxx

飲み込んでしまった たくさんの言葉

空を見上げて ちょっとため息

いつ 吐き出せばいいんろう

怒るわけでもなく 泣くわけでもなく

笑けてしまった

何気ないいつもの昼下り 

 

訳もなく 笑いがこみ上げて

投げかけられた言葉 ストレスないでしょ

 

えっと・・ ぶん殴っていいですか?

 

怒りなんて ぶっつけられればいいってもんじゃない

 

飲み込んでしまえるわけでもなく

淡々と伝えて わかってもらえるでもなく

 

いろんな大人の事情で 

終わった風な感じで 終わってしまう

 

そんな毎日 同じ毎日

 

 

そして また同じ今日が始まる

 

息が詰まるのは 

 

なぜだろうとは 言えないね

 

 

 

 

xxx

頭の奥から離れない 

甘く優しい嘘の声

愛してる 愛してる 愛してる・・・

 

言葉を選びながら 毎日を過ごしてた

見上げた空は 気持ち悪いくらい青く深く

吸い込まれたら 消えてしまうんだって思ってた

 

魔法の言葉 あなたがくれた

ずっと ずっと 一緒にいよう

やっと笑い方を思い出した 

ちょっとだけ 幸せになってもいいのかなと

思ってしまった

 

頭の奥で鳴り響く

甘く優しい嘘の声

愛してる 愛してる 愛してる・・・

 

微笑みながら 優しくつぶやく

いつかは 消えてなくなる 魔法の言葉

時が経てば 魔法でもなんでもないはずなのに

いつまでもココロの奥で 消えてなくならない

もう2度と聴こえるはずもない あなたの声

 

愛してる 愛してる 愛してる・・

 

雨上がりの帰り道

あなたの言葉なんて覚えてない

水たまりに写った空は 眩しいくらいに白く明るく

吸い込まれたら 忘れてしまえるって思った

 

頭の奥に残ってる

甘く優しい嘘の声

愛してる 愛してる 愛してる・・・

君の愛は 無償の愛

 

こんな辛いことや あんな泣きたいことも

君は いつも穏やかにきいてくれる

でも

君はもっと 過酷な生き方をしてるはずなのに

 

 

君の愛は 無機質の愛

 

泣き叫んだあの夜に

感情をいれることなく

ただ 現実を教えてくれた

 

 

君の愛は 無限の愛

 

あたりちらして 言葉をぶつけても

いつも 笑顔でまた迎えてくれる

 

 

僕の愛は 無常の愛

 

小さいことに躓いて

永遠を 自ら投げ捨ててしまう

 

 

 

繰り返しの毎日

 

それでも 愛して 生きる

 

遠い 遠い 空の向こう側に

僕の夢見た今は あるのだろうか

 

つまんないことに躓いて

訳もなく独り言のように愚痴る また今日も

同じように繰り返されるこの会話も

日常のルーティンに組み込まれている

 

003

哀しい時には 苦笑い

泣きたい時には 作り笑い

 

君は いつも 強がって 弱いとこ見せたくなくて

下がった目尻を 無理に尖らせている

 

抱きしめても振り払うことは わかっているから

わざと 笑ってわかんない振り

君が無理に笑うほど

泣きたくなるほど 哀しくなる

 

どうして どうして ココロは逃げてくんだろう

君の 声は 叫びたくなるほど痛むのに

あの日も 今も また 無理に笑って見せて

また 僕の胸を揺さぶる

ガラスの笑みで・・・